任意整理(弁済を行う場合)のメリット・デメリット

任意整理のメリット

自己破産と異なり,各種の資格制限がありません。
自己破産や個人再生と異なり,官報に載りません。
自己破産や個人再生と異なり,一部の債権者のみ整理するといった柔軟な解決ができます。
0310001.png

任意整理のデメリット

ブラックリストに登録されます。

任意整理であってもブラックリストには登録されます。
ブラックリストに登録されると,約5年から7年間は新たな借金やクレジットカードの作成が難しくなります

借金の総額が多い人は利用が難しいといえます。

任意整理の場合,利息制限法による引き直し計算を行った債務を,概ね3年~5年で完済する返済計画を立てることになり,破産や個人再生のような大幅な債権カットは期待できません。そのため,そもそも返済計画が立てられない場合には,任意整理による解決に向いていないといえます。

債権者との合意が必要です。

任意整理は民事上の和解ですから,互いに譲歩し,返済計画について債権者と合意する必要があります。
債権者が譲歩せず返済計画を立てられない場合には,任意整理による解決が難しくなります。


返済中の方に最適な任意整理に詳しく知りたい方はこちら

任意整理の流れ

任意整理メリット・デメリット




借金問題についての無料相談予約ダイヤル 借金問題は弁護士にご相談を!
相談は予約制です。あらかじめお電話又はメールにて相談のご予約をお願いします。
事案の内容等によってはご予約をお受けできかねる場合があります。
また,お電話での法律相談は行っておりません。
  
 

事務所についてはこちらから

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■相談予約フォーム

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.pngrrikonbanner.jpg賠償金が上がる交通事故相談blogbanner.jpg