自主努力について

いたむら法律事務所では,住宅ローン返済についての相談を多く受けています。
リーマンショック以降,日本の景気は悪化しています。

この状況において,リーマンショック以前の収入を前提にローンを組んだ方が多くいらっしゃいます。
0370001.png
賃金の減少,ボーナスカットや残業代のカット等により,住宅ローンの返済計画と現在の収入が合わず,ローンの返済が生活の重荷になってしまうのです。

マイホームを守るために,ご自身で出来ることもあります。

まずは家計を見直す

まずは現在の家計の収支を見直すところから始めましょう。

経費(支出)削減

まずは,一番身近な「月々の支出」の見直しから行いましょう。
不要な家計の支出がないか,もっと節約できるところは無いかを探してみてください。

例えば,生命保険料のプランの見直しや購入している金融商品の再検討が挙げられます。
また,意外と盲点なのが通信費です。インターネット料金や携帯電話,固定電話のコース変更はすぐに出来る節約の一つです。

最近ではインターネット,家族の携帯電話,固定電話を一括して申し込むと割安になるプランなどもあるようです。この方法だと請求書もまとめて送られてくるのでどれだけ通信費にお金をかけているのかわかりやすく見直しやすいでしょう。

収入の増加

ご家族にご協力いただき,パートやアルバイトを始めることにより収入を増やすことができないか,検討してみましょう。
両親の年金や子供手当て等をあてにするのは,あくまで一時的なものです。
安定的に収入を増やす方法を考えてください。

家計の支出の見直しや,収入アップを行ってもまだ住宅ローンの返済を行うことが難しいという方は,ぜひ弁護士などの債務整理の専門家に他の返済方法がないかをご相談することをお勧めします。
家計の状況,ローンの状況などを冷静に検討し,借金に悩む生活から抜け出す方法を見つけることができるはずです。

どういう解決方法を選択するのがよいのか,迷われたり悩まれたりしている方は,ぜひ当事務所までお気軽にご相談ください。


住宅ローン滞納でお悩みの方へ


住宅ローンを見直す

自主努力とは

中小企業金融円滑化法とは?

競売になる前に任意売却

親族・知人の助けを借りる

セール&リースバック方式

競売になった場合

 




借金問題についての無料相談予約ダイヤル 借金問題は弁護士にご相談を!
相談は予約制です。あらかじめお電話又はメールにて相談のご予約をお願いします。
事案の内容等によってはご予約をお受けできかねる場合があります。
また,お電話での法律相談は行っておりません。
  
 

事務所についてはこちらから

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■相談予約フォーム

その他専門サイト・ブログはこちらから

rrikonbanner.jpg    Btn4_1.jpg  賠償金が上がる交通事故相談
事務所サイトバナー2.png    blogbanner.jpg