競売になった場合

競売とは,住宅ローンの返済が滞った場合に,金融機関などの債権者が担保不動産について裁判所に売却を申し立て,裁判所がその不動産を売却する手続です。

競売物件は裁判所に選任された評価人が評価を行い,売却基準価額が決まります。

売却基準価額は,この価額からその2割に相当する額を控除した価額以上での買受け申出を認めるという価額です。
0350001.png

競売で落札される価格は,市場価格の5~7割程度となることがほとんどです。競売で住宅を売却された後も,残債務の支払義務は継続しますので,競売では,任意売却に比べて多くの債務が残ってしまうことになります。

競売の流れ

(1)不動産競売申立て
(2)競売開始決定・差押え
(3)現況調査,評価
(4)現況調査報告書・評価書・物件明細書の作成
(5)売却基準価格決定
(6)入札期間決定・公告
(7)期間入札の実施
(8)開札・買受人(競落人)決定
(9)売却許可決定
(10)代金納付
(11)配当,引渡命令


競売開始の決定から期間入札開始まで,通常4~5か月の期間があります。
ただし,開札期日の前日までに決済が終了する見込みがなければ,債権者は任意売却での競売取下げには応じないことの方が多いです。

また,競売開始後の住宅資金特別条項付個人再生申立ても,代位弁済日から6ヶ月以内という期間制限があります。

現在,競売開始が決定してしまっている方,住宅が競売にかかってしまいそうな方は,今すぐ専門家である弁護士にご相談ください


住宅ローン滞納でお悩みの方へ


住宅ローンを見直す

自主努力とは

中小企業金融円滑化法とは?

競売になる前に任意売却

親族・知人の助けを借りる

セール&リースバック方式

競売になった場合

 




借金問題についての無料相談予約ダイヤル 借金問題は弁護士にご相談を!
相談は予約制です。あらかじめお電話又はメールにて相談のご予約をお願いします。
事案の内容等によってはご予約をお受けできかねる場合があります。
また,お電話での法律相談は行っておりません。
  
 

事務所についてはこちらから

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■相談予約フォーム

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.pngrrikonbanner.jpg賠償金が上がる交通事故相談blogbanner.jpg

まずは無料相談のご予約を

事務所概要

いたむら法律事務所アクセスはこちら

ACCESS MAP 対応エリア
 

事務所サイトバナー2.png
rrikonbanner.jpg
賠償金が上がる交通事故相談
blogbanner.jpg